地域共生社会の最近のブログ記事

地域共生社会をめざして

こんにちは(*^▽^*)


こんど、住民一人ひとりが暮らしと生きがい、地域とともに創っていく社会をめざして、

推進組織が再編され始動した。


これまでの、保健医療・地域福祉・子ども子育て・障がい福祉専門部会に、

新たに、住民生活支援専門部会を加えた組織体制となり、

「田子町保健医療福祉推進協議会」が開催された。


大きな組織となった。

国の法律に基づいて策定する「計画づくり」と「進行管理」に加えて、

地域包括ケアシステムの構築を実現すること

地域共生社会の実現にむけて

また、大きな課題が立ちはだかった。



IMG_5794.jpg


かつては、地域の相互扶助や家族の助け合いなど、支え合い機能が存在していた。

みんなが力を合わせて、多くの若い人たちがいて、みんなの笑顔がそこにあった。



いつしか、高齢者が多くなり、子どもの姿が消え、孤立した人たちがいる。

自分さえ良ければ、・・・という時代となった。



イザ災害が起きると大型化・激甚化の傾向にある。

経験によって、助け合い・支え合い・絆が見直されてきた。



これからは、地域に住む住民一人ひとりが、暮らしと生きがいをもって

地域とともに創っていく社会をめざすため

様々な支援体制を創ることが求められます。



「縦割り」から「丸ごと」へ

「我が事」・「丸ごと」の地域づくり



地域づくりと人づくりがイチバンです

「人が輝き まちが輝く 活力と笑顔あふれるまち」(総合計画スローガン)


地域課題の解決力の強化です。

地域福祉計画の実現です。

社会福祉協議会との有機的連携もです。


地域包括支援の強化です。

保健医療・地域福祉の包括的支援の在り方です。


地域のつながり強化です。

様々な地域資源を活かした産業です。


専門人材の強化・活用です。

人づくりは肝心です。




一方では、地域に住む人たちの力「地域の力」を醸成することが肝要です。

地域で助け合えること、地域のつながり、サロンかつどうなど話し合えること・・・




そのために肝心なことは、目標を明確にすること。


その目標に向かって具体的にすることを決める。


具体的することの情報を共有する。


そして迅速に実行する。





私の会長職は、あと1年。


早くゆっくりしたい。(*^▽^*)
























地域共生社会の実現にむけて

こんにちは(*^▽^*)


私たちの町でも地域共生社会の実現に向けて

様々、動いてきた。


今年3月末には、田子町保健医療福祉推進協議会が開催された。

ここでは、第6期障がい福祉計画(案)が協議承認された。


その後、これからの地域共生社会の実現に向けて、

田子町型地域共生ケアシステム全体構想及び特別委員会が話題となり、


これまでの委員会に、新たに住民生活支援の部会を新設する構想であった。



新たなに始動するとしても、これまでの本協議会の懸案事項や

新たの組織体制の要綱・規約など様々な課題の整理と、

関係部署及び事務局側としての意見調整が必要ということに・・・。




そのあと意見調整を行い。



そして今週の26日に、

令和3年度田子町保健医療福祉推進協議会専門部会長会議が開催された。

冒頭挨拶とあった。???

現協議会会長の私が挨拶することに・・・・。(>o<)



ここでは概ね、各専門部会長方々と関係部局との情報交換・意見調整を行いました。



今度6月中旬に、新しい組織体制と要綱・要領を見直し

新たに委員を加えて田子町保健医療福祉推進協議会による

「田子町地域共生社会の実現にむけて」開催することになる。



ここに住んで良かった。と

言われるような住みよい

地域づくりの実現をめざすこと。




また、とても大きな壁が目の前に立ち塞がってきた。(>o<)



なにより、地域の助け合い・支え合い機能を取り戻し、

住民一人ひとりの暮らしといきがいを地域の中に創っていくこと。

よき昔の忘れてきたことを取り戻すこと。


地域の力(自治会の力)をより良くすること。



田子町自治会連合会会長の私としては

どっちも大変な課題・・・。(>o<)









厚生労働省では「地域共生社会」を提案する背景として次のように記しています。


かつて我が国では、地域の相互扶助や家族同士の助け合いなど、地域・家庭・職場といった人々の生活の様々な場面において、支え合いの機能が存在しました。

社会保障制度は、これまで、社会 の様々な変化が生じる過程において、地域や家庭が果たしてき役割の一部を代替する必要性が高まったことに対応して、高齢者、障害者、子どもなどの対象者ごとに、また、生活に必要な機能ごとに、公的支援制度の整備と公的支援の充実が図られ、人々の暮らしを支えてきています。

しかし、我が国では、高齢化や人口減少が進み、地域・家庭・職場という人々の生活領域における支え合いの基盤が弱まってきています。

暮らしにおける人と人とのつながりが弱まる中、これを再構築することで、人生における様々な困難に直面した場合でも、誰もが役割を持ち、お互いが配慮し存在を認め合い、そして時に支え合うことで、孤立せずにその人らしい生活を送ることができるような社会としていくことが求められています。

また、人口減少の波は、多くの地域社会で社会経済の担い手の減少を招き、それを背景に、耕作放棄地や、空き家、商店街の空き店舗など、様々な課題が顕在化しています。

地域社会の存続への危機感が生まれる中、人口減少を乗り越えていく上で、社会保障や産業などの領域を超えてつながり、地域社会全体を支えていくことが、これまでにも増して重要となっています。

さらに、対象者別・機能別に整備された公的支援についても、昨今、様々な分野の課題が絡み合って複雑化したり、個人や世帯単位で複数分野の課題を抱え、複合的な支援を必要とするといった状況がみられ、対応が困難なケースが浮き彫りとなっています。

「地域共生社会」とは、このような社会構造の変化や人々の暮らしの変化を踏まえ、制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えつながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会を目指すものです。

























月別 アーカイブ

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30