よくある質問

Q.琥珀にんにくって何ですか?

A.最高品質の青森県「田子産のにんにく」を使用して、

青森県特許技術で低温熟成をさせたにんにくです。

熟成しているため色が普通の白いにんにくではなく、小麦色(琥珀色)に変化しています。

 

この青森県特許技術で低温熟成することによって、

普通のにんにくにはほとんど存在しないS-アリルシステイン、シクロアリイン成分が増加します。
この熟成にんにくを当社で「琥珀にんにく」と命名致しました。

 

Q.臭いはしますか?

A.少しします。

ですが通常販売されている白いにんにくに比べると気にならない程度です。

 

低温熟成により臭いが抑えられておりますので、

翌日の臭いを気にしないで召し上がっていただけます。

 

Q.たっこにんにくは有名ブランドですか?

A.「にんにくといえば、たっこにんにく!」ぐらい有名です。

平成18年11月に東北で初めて「地域団体商標」地域ブランドにも認定されております。

 

そして青森県の最南端に位置する小さな田子町は「にんにく日本一の町」で有名です。

決して恵まれた地域ではありませんが、長年土作りに励み、

高品質なにんにく生産に一生懸命取り組んできました。

 

Q.たっこにんにくの品種はなんですか?

A.たっこにんにくは【福地ホワイト種(6片種)】です。

ずっしりとした重みがあります。

また、田子にんにくは、町のにんにく専用CAN冷蔵庫に保管され、1年中良い品質を保っています。

 

Q.田子にんにくの旬はいつ頃ですか?

A.6月下旬から7月上旬です。

 

Q.収穫時期はいつごろですか?

A.6月下旬から7月上旬です。

この時期は、にんにくの町「田子町」に入ると

にんにくのかすかな匂いが出迎えてくれます。

 

Q.いつ頃植えるのですか?

A.9月中旬から10月中旬頃に植え付けされます。

 

Q.田子にんにくの美味しさの秘密は?

A.田子町は古くから畜産が盛んでした。

この田子牛の堆肥をふんだんに入れた有機質に富んだ土で栽培されること、

これが美味しさの秘密です。

 

Q.田子町も有名ですか?

A.にんにくと言えば田子町!と言われるようになりました。


町ぐるみでのこだわりもすごく、

例えば、にんにくの看板、にんにくオブジェ、にんにく外灯、にんにく欄干、にんにくポスなど

町をあげて取り組んでいます。

 

また、秋には「にんにくとべこまつり」が開催されます。

人口6,700人の小さな町に、祭の期間中は約8,000人の人々が訪れます。

 

Q.琥珀にんにくはどんな食べ方がありますか?

A.スパゲティやパスタ、リゾットなど臭いを気にせず、毎日たべても大丈夫です。

また青森発地サプリとして錠剤もございます。

 

Q.1日に食べる量はどのくらいですか?

A.琥珀にんにくをバラして皮をむくと「りん片」と呼ばれる「1片づつ」に分かれます。

このりん片を約1~3片位が一日の適量です。

パウダーですと約1~2gです。