認知機能の維持に琥珀にんにく

東京大学名誉教授 薬学博士 齋藤洋 氏

川村さんの琥珀にんにくを私も応援しています。

 

 川村さんの琥珀にんにくとの出会いは衝撃的でした。
 琥珀にんにくは、にんにくの有効成分として、現在、最も注目を集めているS-アリルシステインと、玉葱の有効成分であるシクロアリインを熟成により生合成し、大量に含有しているからです。(両物質は水溶性アミノ酸です。)

 「黒にんにく」より多くのアミノ酸を含有しています。
高品質のにんにくを生産する青森県田子町で誕生した川村さんの新しい「琥珀にんにく」。その熟成パワーに期待しています。

琥珀にんにくの開発者 にんにくのプロ 川村武司

認知症の原因と予防方法

86487920e3acf3ed1dbc3059dc36afb1_s.jpg 80歳以上のかたのうち40%が認知症を発症しています。
認知症は誰一人無関係ではいられない病気です。

認知症とその対策に関する知識をしっかり身につけ、実行していきましょう。


>>詳しくみる

認知機能の維持にS-アリルシステイン豊富な琥珀にんにく

Img17530-e1470205649631.jpg 琥珀にんにくに多量に含まれるS-アリルシステインは脳細胞を保護し、神経突起の成長を促すという特徴があり、認知機能の維持が期待できます。

>>詳しくみる