成分について ~ S-アリルシステイン・シクロアリイン・アミノ酸 ~

琥珀にんにくだからこそ現れた奇跡の成分

 

2005年、青森県産業技術センター「農産加工研究所」の研究により、

にんにくの機能性成分「S-アリルシステイン、シクロアリイン」が高まることが判明しました。

(特許取得)

低温熟成は、青森県特許製法によるものですが、

当社では県と特許使用許諾契約を締結して技術革新を図って参りました。


tanjyou-1.jpg tanjyou-2.jpg


                低温熟成した琥珀にんにく  ←  生にんにく(たっこにんにく)

 

 

S-アリルシステインが生にんにく80個分

 

S-アリルシステインは、以下のような多様な薬理作用を有することが報告されています。

 


生にんにくにはほとんど存在しない、

S-アリルシステイン成分が低温熟成「琥珀にんにく」では、約80倍にアップ!



Sariru630.jpg


齋藤洋先生(東京大学名誉教授)談。
琥珀にんにくとの出会いは、奇跡の出会いだった!



gennse630.jpg


Sariru650.jpg

生にんにくの5倍アップしたシクロアリイン


シクロアリインは、以下のような多様な薬理作用を有することが報告されています。

 


パウダー換算では、シクロアリイン成分が生にんにくと比較して約5倍にアップ!

 

分析結果 (シクロアリイン含有量の推移)

 分析結果 (S-アリルシステイン・シクロアリイン含有量の推移)


にんにくを加熱処理することにより初めて生成されるアミノ酸

 

  世界中で治験・臨床が繰り返されています。

 

アミノ酸(18種)はすべてアップ!

 

通常の「にんにく」と、低温熟成した「琥珀にんにくパウダー」を比較しました。

 

青森県田子町産にんにくの同じ生産者の物からにんにくをサンプリング、

残りは低温熟成した"琥珀にんにく"のパウダーをサンプリングしています。

 

そして、日本食品分析センターに分析依頼しました。

 

アミノ酸18成分の比較グラフ



 

琥珀にんにくの分析資料


S-アリルシステイン


H29.04:

S-アリルシステイン分析試験成績書.png

H26.02: S-アリルシステイン分析試験成績書.pdf
H25.12: S-アリルシステイン分析試験成績書 [PDF]

 


栄養成分


基礎成分


H29.04: 日本食品分析センター(栄養成分).png
H26.01: 日本食品分析センター(栄養成分).pdf
H25.04: 琥珀にんにくPG配合(錠剤)分析試験成績書 [PDF]
  1粒当たりの分析試験成績書 [PDF]

 

アミノ酸


H29.04: 日本食品分析センター(アミノ酸) .png
H26.02: アミノ酸分析(琥珀にんにくパウダー).pdf
H23.12: 琥珀にんにくパウダー  分析試験成績書 [PDF]
H23.04: 生にんにく アミノ酸 分析試験成績書 [PDF]

 

微生物


一般生菌数


H29.04: 日本食品分析センター(一般細菌数・大腸菌群).png
H27.11:

青森県薬剤師会一般生菌数・大腸菌群.pdf

H27.03:

日本食品分析センター一般生菌数_2.pdf

H27.03:

日本食品分析センター一般生菌数_1.pdf

H26.05: 日本食品分析センター(一般生菌数).pdf
H26.04: 青森県薬剤師会(一般生菌数・大腸菌群).pdf
H26.04: 青森県薬剤師会(一般生菌数・大腸菌群).pdf
H26.04: 青森県薬剤師会(一般生菌数・大腸菌群).pdf
H26.01: 日本食品分析センター(一般生菌数).pdf
H25.12: 日本食品分析センター(一般生菌数).pdf
H25.04: 琥珀にんにくパウダー 一般生菌数・大腸群等 [PDF]

 

大腸菌群


H29.04 日本食品分析センター(大腸菌群).png
H27.03 日本食品分析センター(大腸菌群)_2.pdf
H27.03 日本食品分析センター(大腸菌群)_1.pdf
H26.05: 日本食品分析センター(大腸菌群).pdf
H26.01: 大腸菌群(琥珀にんにくパウダー)〔PDF〕 
H25.12: 琥珀にんにくパウダー 大腸菌群 [PDF]

 

 

 

放射線スクリーニング


H25.04: 琥珀にんにくパウダー 放射線(γ線)スクリーニング結果書 [PDF]

 

 

ヒ素・重金属


H29.04

日本食品分析センター(ヒ素、重金属) .png

H27.03

日本食品分析センター(ヒ素、重金属)_2.pdf

H27.03

日本食品分析センター(ヒ素、重金属)_1.pdf

H26.01:

日本食品分析センター(ヒ素、重金属).pdf    

東京大学名誉教授 薬学博士 齋藤洋 氏

川村さんの琥珀にんにくを私も応援しています。

 

 川村さんの琥珀にんにくとの出会いは衝撃的でした。
 琥珀にんにくは、にんにくの有効成分として、現在、最も注目を集めているS-アリルシステインと、玉葱の有効成分であるシクロアリインを熟成により生合成し、大量に含有しているからです。(両物質は水溶性アミノ酸です。)

 「黒にんにく」より多くのアミノ酸を含有しています。
高品質のにんにくを生産する青森県田子町で誕生した川村さんの新しい「琥珀にんにく」。その熟成パワーに期待しています。

琥珀にんにくの開発者 にんにくのプロ 川村武司