「たっこにんにく」のふるさと 田子町

 "青森県田子町"は青森県の最南端に位置し、秋田県・岩手県の両県に接した県境をなす町です。

田子町田子町

 

 東西に19.6km、南北に17kmの扇形で総面積242.1平方kmの広さを有し、約80%は山林が占めています。3三県の接点に連なる山岳から緩やかな山並みを成し、この山並みからの湧水が4四本の河川となり、それらが合流する地点で市街地を形成しています。

「田子」と書いて「たっこ」と読み、由来はアイヌの言葉で「小高い丘」との説があります。人口は、約7200人で町の主産業である農業の就業者は38%で、葉たばこ、畜産、にんにくが主流を占めています。

 また、約2000haの広大な放牧地には黒毛和牛が群れを成し、幻の牛肉との評価も高く絶品です。放牧地から眺める星空は環境庁の「日本一きれいに見える町」に認定されました。水田、あぜ道では、蛍が飛び交い夏の夜空を幻想的に彩っています。
  国道104号を田子町に進むと、「にんにくの首都」、「にんにく日本一」、「たっこにんにく」の看板が目に入るはずです。ニンニクのオブジェも圧巻です。町に入ると、にんにくの街灯、にんにくの欄干、ガーリックセンター、にんにくケーブルテレビ、にんにくポストなど、町を挙げてのこだわりと誇りがあります。

 

にんにくの看板

にんにくの看板

にんにくオブジェ

にんにくオブジェ

にんにくポスト

にんにくポスト

にんにくの街灯

にんにくの街灯

にんにくの欄干

にんにくの欄干

田子牛の欄干

田子牛の欄干


 「たっこにんにく」は、2006年に東北初の地域ブランドとして特許庁から認定を受けました。
幾多の困難を乗り越え、育ててきた先人の英知と関係機関のご指導の賜です。

「田子のニンニクは、よそとは違う」と、市場関係者は言います。
「ニンニクは小ぶりだがずっしり重い。」

そこには「たっこにんにく」夢と感動の物語があります。