日記・お知らせの最近のブログ記事

十和田・蔦沼の水面に映る紅葉

こんにちは(*^o^*)


10月22日

JRの写真でお馴染みの

十和田・蔦沼に行ってきました。


電灯を準備の上、

朝の4時に出発して、

蔦沼には5時30分前には着きました。

ところが、駐車場は満杯・・・

道路は、路上駐車でずらりと並んでいました。


蔦沼は人、人・・・水面は見えません。(;.;)



少し寒い・・・じっと待っていると

様々の国籍の言葉です。

少しづつ明るくなってきました。


すると・・・(゜o゜;

蔦沼の紅葉が朝日に照らされ、

水鏡で反転して見える景色が

この世のものと思えない感動です。



301023i (57).JPG



とにかく人の頭で水面が見えないのですが、

悲しいかな、ちょっと背が低いので(;.;)

新設のデッキの端に上がって、

iPhoneのシャッターを切りまくりました。



301023 (23).JPG



時間経過とともに

錦秋の色模様が変化しています。



301023i (87).JPG



どこが水面に映ったところか

とにかく神秘的です。



301023i (111).JPG



私は、必死にiPhoneXで写していると

奥さんは、私のカメラで写していました。



301023i (100).JPG



朝日に照らされた紅葉が、

静かな水面に映る景色は絶景!!

様々な言葉が飛び交うのですが、

老朽化のため改修された展望デッキは

身動きができない・・・。

デッキには300人以上の見物客とか。


数分毎か数秒毎なのか、

絶妙に変化する真っ赤な

朝焼けの絶景に感動しました。




301023 (32).JPG




ここ蔦沼には、数日前に来たばかりでしたが、


テレビで見た絶景に

奥さんは、どうしても見たい!!と言うので、


この日、3時30分に起きて行きましたが、


帰りの車中は、良かったね。

と、何度も話しながら疲れは全くない。


とっても素晴らしい驚きと感動でした。


























にんにくとべこまつり

こんにちは(*^o^*)


にんにく日本一を誇る、青森県田子町では、

9月29日と30日田子町創遊村229スキーランド特設会場にて、

「にんにくとべこまつり」が開催された。



当社も、協賛スポンサーとして協力させて頂いております。

ご招待券として、田子牛の引換券を頂きました。(^_^)



私たちは夫婦二人で、

少し早めに会場に入りました。





300929 (10).JPG

なんと言っても会場には、

生産者がにんにくをPR兼ねて販売しています。



300929 (15).JPG



生産者と奥さんは話も弾みます。(*^o^*)


300929 (8).JPG

このような、にんにく網も、

お客さんの注目を集めています。



300929 (20).JPG


町のにんにく共進会の優秀作品なども展示されています。


300929 (4).JPG

田子牛の予約券引換所には、

長蛇の列が、

バーベキュー会場は満杯状態です。


この日29日は、とても来場者が多い模様です。

30日は台風24号の影響で天候が悪化見込みということで

29日は土曜日ですが大混雑気味でした。


300929 (36).JPG


地域に住む、川名さんとこTakkocafeでは、

地域の特産品に拘った、ケーキなど販売していました。

美味しそうなので買ってきました。(*^▽^*)



300929 (26).JPG

川名さん撮影の写真が載っていましたので、

ここに掲載。

私と奥さんと

手前が川名さん


300929 (42).JPG





なにより黒家和牛「田子牛」と地域ブランド「たっこにんにく」の

PRと販売促進を目的に開催されたこのまつりは、

今年で33回目を迎える。




ここで、

ちょっとハプニングがありました。


会場のアナウンスが・・・かわむらたけしさん・・かわむらたけしさん

落とし物が届いております~本部まで・・・・。




近くに居た人達は、

呼んでいるよ!

名前呼ばれたよ!



一躍、名前が知り渡ることに(;.;)





300929 (32).JPG


バーベキュー会場が満杯状態でしたので、

私たちは、田子牛を追加で買い求めて、

お家で「田子牛」を味わいました。


とっても美味しかったです。






























田子町廃棄物減量等推進審議会

こんにちは。(*^▽^*)


この間のことですが、

平成30年度 

田子町廃棄物減量等推進審議会が開催されました。


ご案内を頂きまして出席させて頂きましたが、

組織会では、会長に推薦されました・・・(;.;)


実は、事前に事務局からお願いされていましたが、お断りしたので安心していました。


本審議会は、田子町の廃棄物処理及び清掃に関する条例に基づき、運営されるものらしいですが、

これには、町内の各自治会・町内会の関わりが重要ということで、自治会連合会会長が会長にという。




審議案件は、町の「ごみ処理」及び「リサイクル」の現状と

資源物の分別収集さらなる推進について。でした。



青森県でも、ごみ減量・リサイクルに取り組んでいます。

「もったいない」を合い言葉に、

ごみの減量とリサイクルに取り組もう。と、しています。




田子町では、町民運動の一環に資源物収集保管施設補助事業を。

田子町自治会連合会では、環境美化活動の一環として、

再生資源ゴミの集団回収を推進しています。




しかしながら、ごみの排出量では、青森県は全国42位の恥ずかしい現状です。

また、リサイクル率では、青森県は全国41位の現状です。


では、田子町は??

ちょっと、恥ずかしいのですが、中くらいの位置です。(;.;)



町では、今年度から「資源物ビン」の回収に取り組みます。

各自治会で「資源物ビン」の回収コンテナを配布しますが、

リサイクル意識を高めていきたいです。




私は、この審議会の方向性として、

ごみの排出量を半減する。

ごみリサイクル率を倍増する。

という、目標設定が必要ですね。


そのうえで、目標を達成する取り組みが求められます。




各自治会、JA女性部、商工会、食生活改善委員会・・・

組織を上げての取り組み及び町民の意識改革など、

これまで、審議会が開催されていなかったようですが、

委員からは、年2回くらい開催した方が良い。

という意見も頂きました。今後の運営に反映して行きたいです。


 












20180914-256116f41c674ae621056253943c6d5a43514eed.jpg



























十和田湖と孫たち

こんにちは。(*^▽^*)


この間、息子達が法事で帰省した時のことですが、

孫たちと一緒に十和田湖に行ってきました。



自宅から、十和田湖まで概ね、1時間の道のりです。

休屋で昼食を頂きまして、十和田湖遊覧船に乗船しました。


300802 (53).JPG


車は、休屋から子の口まで代行してくれます。もちろん有料ですが、

湖上の遊覧船からでしか見られない美しい景色があり、

豪快で繊細な十和田湖の魅力を堪能できました。

 


特に、高2の孫はとても喜んでいます。

おじいちゃんと高2の孫が、

何のポーズか???


300805 (47).JPG


とても奇麗ですね。

バックの景色が・・。



300805 (39).JPG



そして、子の口から奥入瀬渓流をゆっくり

と言っても、車を降りてゆっくり散策することはできませんでしたが、


滝や清流、岩など、たくさんの見所の中でも一際迫力のある

「阿修羅の流れ」のところで、車を駐車して、写真三昧。



300805 (62).JPG




おじいちゃんは、

高3と高2と小2の孫たちと一緒に、

満足(*^▽^*)



300802a (137).JPG



高2の孫が、

おじいちゃん、シャッター押して!


十和田湖をリクエストしたのは??(*^▽^*)


300805 (52).JPG




奥入瀬渓流は、散策できることが魅力。


300805 (64).JPG

雄々しく、力強く流れる様子を眺めているだけで、不思議と心を洗われるような気持ちになります。


その中に流れる滝や清流の美しさは、神聖なる自然の力を感じることができますが、

私は、ここ、阿修羅の流れが一番好きです。




300805 (48).JPG





















お盆休み

こんにちは(*^o^*)


今年のお盆は、のんびり過ごそうねと言っていましたが、

やっと今日、ゆっくり本を読める至福の一時・・・。(*^▽^*)



8月13日は、お墓参り、先祖の霊が迷わないよう迎え火を焚いて迎えました。



今日、8月15日は、夕方送り火を焚き先祖の霊を見送ります。



いま、

様々な懸案を考えながら、


好きな本を読み、


のんびり、ゆっくり過ごします。


















月別 アーカイブ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31