健康づくり推進協議会の最近のブログ記事

健康づくり推進協議会のこと

こんにちは。(*^▽^*)

 

町には、「田子町健康づくり推進協議会」という組織があります。

この組織は、町民の健康づくり対策を推進する町の上位機関ですが、

委員は町長から委嘱された、田子町診療所所長、歯科医院院長など保健・医療関係者や教育関係者、

そして地域団体関係者など15名で構成されています。


私は、地域団体関係者として委員に委嘱されています。





この日、事務局の地域包括支援課・保健師さんたち一堂に会して会議が進められました。



平成30年度の保健事業とその進歩状況及び、平成30年健やか隊員育成研修会についてが、議題でした。



妊婦さんの見守り・指導のこと、赤ちゃんふれあい体験学習、若年保健指導、野菜料理・野菜摂取指導、

減塩、若年生活習慣病予防、高齢者支援など、健康づくりについて、

多くの取り組みを行っていることがよくわかりました。




若年生活習慣病予防検診において、異常なしの割合が低いこと。

血糖値・肝機能の数値が高く、継続的な受診により経過観察が必要な児童・生徒がいるということ。



町では、中学校3年生全員を対象としたピロリ菌検査と治療の助成を行い、

胃の病気の早期発見に努めていることなど、他町村にはない取り組みも行われているそうです。




また、日頃保健師さんたちの頑張りで、特定健診の受診率は青森県第1位の実績だといいます。



ところが、青森県は全国一の短命県、

しかも健康寿命でもワースト(;.;)という恥ずかしい実績でもあります。(;.;)





昔から、「りんご1個医者知らず」と言われていましたが、

青森県と長野県はりんご王国ですですが、

長野県は健康長寿県、青森県は健康寿命ワースト県。





健康長寿県・長野県と比較して、

青森県は運動しない。

野菜を食べない。

たばこを吸う。

飲酒が多い。

生活習慣病が多い。

・・・肥満という驚く実態です。(*^O^*)





子どもの肥満について、驚くことに、

全国児童生徒の肥満の割合10%前後に比べて、かなり高い。(残念ながら数字は書けないほど)



若年性生活習慣病予防健診において、

異常なしの割合が驚くほどかなり高い。(ここでも残念ながら数字は書けないほど)





このような現状に日頃、保健事業で頑張っている。

栄養・食生活

身体活動・運動

休養・心の健康づくり

歯の健康

疾病予防

お年寄りや障害者のために

健康づくりのために・・・

多くの取り組みが行われている。

 





私は、健康づくりは、


将来に向けて、目標ビジョンを掲げて

活動することが肝心だと思っている。






ずっと昔、長野県が全国一の短命県だった頃

脱却するため取り組んだことが

今日の健康長寿県につながっている。







私たちは、この歴史に学ぶところがある。






謙虚な姿勢で

現実を目標に建て直し





大胆な

目標を打ち立てて






未来と自分を変えることが

できれば良いですね。






少しでも歩こうか


少しでもストレッチ
























健康づくり推進協議会に出席しました。

3月14日(水)田子町「せせらぎの郷」会議室にて

田子町健康づくり推進協議会が開催され出席しました。



この会議では、

町の保健事業実績や

特定健診等実施計画とか

健康宣言推進事業など協議しました。




平成29年度保健事業実績の中で、

私が注目したのは、

若年生活習慣予防検診と

歯周疾患検診のとこでした。




この会議の一部は、

国の特定健康診査等基本指針に基づき法定計画です。

各委員からは活発な意見が多く出されとても有意義な会議でした。





私は、田子町自治会連合会会長として

委員に委嘱されていますが、


自治会連合会の重点活動の一つに

健康づくりの推進があります。

地域の健康づくり活動の推進啓蒙に、

今後より一層力を入れていきたいと思います


















健康づくり推進協議会委員に委嘱されました。

6月28日8水)「せせらぎの郷」会議室において、

田子町健康づくり推進協議会が開催された。


はじめに、委嘱状が交付されましたが、

私は、田子町自治会連合会会長としての委員という。


20170630-fd47022648c04175d9a33364b12b2cc66c5878ff.JPG


昨年までは、私から副会長に委員のお願いをしておりましたが、

今回は直接、会長にという依頼でした。



会議では、

・平成29年度保健活動計画・保健事業計画について

・特定健康診査について

・健康宣言推進事業についてなど、

活発に議論されました。


町では、中学生全員にピロリ菌検査と治療の助成などおこなっている

他町村にはない先進的な取り組みという。



現状、青森県は健康寿命が全国ワーストという。

生活習慣病が起因しているが、

・歩かない・運動しない

・野菜の摂取量が少ない

・飲酒・たばこ・・・

特に、若年生活習慣病予防検診では驚く実態があった。



私は、自治会連合会として地域での健康づくりなど

健康活動を推進する立場にある。



これまでの生活習慣を断ち切り、

健康寿命延伸に向けて、取り組むことが肝要だ。





思い切って、町挙げての「健康づくり推進大会」を開催することが良い。


例えば、「やすみっこ」という習慣があるが、一人では解決が難しい。

町挙げて、やめようとか呼びかけていくことが肝要、

代替え案として、低カロリーの「やすみっこ」考案(食生活改善委員・JA女性部・・・)を呼びかけるとか、


今後10カ年で、健康づくりを推進する委員500人を養成するとか、


現状を目標に打ち立てて、

町民一同に火種を興していくこと提案したい。






























月別 アーカイブ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31