社会福祉協議会の最近のブログ記事

三戸郡社会福祉大会

こんにちは。(*^o^*)


先般、階上町のハートフルプラザ・はしかみにて

第68回三戸郡社会福祉大会が開催されました。


大会スローガン「ともに生き支え合う福祉の輪」を掲げて、

各市町村から、多くの福祉の関わる関係者が

地域福祉の充実を目指した大会でした。




今回は、「劇的救命」を演題に

八戸市立市民病院 

院長 今 明秀氏のご講演は、

感動と感激でした。



大会宣言では、

「誰でもが安心して暮らせる福祉のまちづくり」の実現を誓いました。



1.住民参加を基本とし、積極的な地域福祉の推進。

2.地域のネットワークづくりを進め、きめ細やかに取り組むこと。

3.福祉・保健・医療の包括的なサービスと新たな福祉サービスの開拓。



保健医療のこと、

地域のネットワークづくり、

大きな課題ですが、


地域の力を醸成することも

とても肝心なことですね。























地域福祉活動計画策定委員会

3月28日(水)せせらぎの郷にて、

田子町社会福祉協議会の

「地域福祉活動計画策定委員会」に出席した。



DSC_4186.JPG


この計画は、田子町社会福祉協議会が策定する、

第3次計画(平成30年度~平成34年度)です。


これまで、平成10年度に第1次計画を策定し

平成20年度から平成29年度までにかけて

第2次計画を策定して事業に取り組んできました。


私は、確か、当時全くの素人ながら、

第2次計画の計画策定に携わった記憶があります。



このとき、痛感したのが、

社会福祉協議会だけでは、計画達成は難しいと思い

町・行政、自治会と連携すること発言し、

自治会の活動に取り組むきっかけになりました。




第3次計画は、町が策定している「田子町地域福祉計画」との整合性を図りながら

連携して地域福祉の推進を図るものですが、

地域住民の協力や理解の活動に注視したいと思います。




この地域福祉活動計画策定委員は、17名で構成されています。


私は、田子町自治会連合会会長という職名と、

ほかに、社会福祉協議会理事と田子町保健医療福祉推進協議会会長という立場での参加です。


今回は、これまで議論してきた最終段階に入り、

素案・修正案が協議され決定した。


今後、この計画が社会福祉協議会の理事会にて承認されることとなりますが、

私は、理事でもあるので責任があります。


これまで、様々な意見を述べて参りましたが、

町との整合性が肝心です。



町では、今年度、田子町地域福祉計画が策定されますが、

ここでも私は、田子町保健医療福祉推進協議会会長という立場ですので、

深く関わっていることになります。




どうみても、両計画に関わりがありますので、

とっても責任重大ということになります。


今回で最終ですが、計画(案)は承認されました。





事前に資料が配付されていたこともあり、

よく読んで自分なりのポイントに付箋紙をつけてみました。




付箋紙のとこ、

意見として発言しましたが、




これまでと、これから・・・。

大きくな潮流の変化を見逃すことのないよう、

役職員一体となって取り組んで行くことが肝心です。




今回で最終ということで、

やっとまた、一つ役職が終わりました。


やった\(^o^)/
































田子町社会福祉大会に出席しました。

11月14日(火)田子町中央公民館にて、

第51回田子町社会福祉大会が開催された。


DSC_3711.JPG


私は、社会福祉協議会の理事として出席しました。

"みんなでつくる心のかようやさしい福祉のまちをめざして"をスローガンに掲げて

大会式典が執りおこなわれました。



記念講演は、「笑って!学んで!認知症を理解しよう~

認知症の症状とその対応」

講師は、十和田市立中央病院

    メンタルヘルス科診療部長 竹内淳子氏

寸劇 「姑VS嫁  ~絶対おまえが盗ったんだ!!」

   じゅんこちゃん一座のみなさん



itiza.jpg


笑いあり、感動あり・・・。とても楽しい講演でした。




嬉しいことに、私達の「にしたてのふれあいサロン」に感謝状が贈呈された。



毎年、にしたてのふれあいサロンでは手づくりの作品を展示即売し、

その収益金を社会福祉協議会に寄付してきた功績による。



DSC_3702.JPG


今年も、このように出展しました。


DSC_3700.JPG


初代、代表の森榮子さん(写真右)

そして、現代表の上斗米正代さん(写真左)


DSC_3721.JPG

そうそう、いつも裏方で頑張っているうちの奥さんも(笑´∀`)

ご苦労様です。


DSC_3723.JPG



少し、時間が少なかったですが、

田子町食生活改善推進員会のみなさんの取り組み

そして、県の方が、ゴミ減量化とリサイクルに取り組もう。

スライドで呼びかけしてくれました。

青森県は、1人1日当たりのゴミ排出量は

全国43位\(◎o◎)/!という。

とても恥ずかしい実態の驚きです。

少ない時間に関わらず、説明の内容がとても良かったです。



私達の自治会で取り組んでいる事もあり、興味深かったです。

今度、機会があれば、じっくり企画したいと思います。























町社会福祉協議会理事に選任される。

新たに、田子町社会福祉協議会の理事が選任される。


一昨日、社会福祉協議会に、

私の、理事就任承諾書と履歴書を届けてきた。



社会福祉法の改定に伴い、

社会福祉協議会の運営が強化される。





私は、自治会連合会会長推薦枠にて、

理事に就任することとなる。

先般、自治会連合会役員会にて選任されましたが、



正直なとこ、役職が多い。(;.;)

今月末開催の委員会委員に、新たに依頼されている。


また、別の部署(役場)では、新たな検討委員会を立ち上げるので、

その委員も依頼されてるが、・・・・(;.;)




町社会福祉協議会は、

様々な、問題課題を抱えていると思います。

が、精一杯、務めていきたい。





















社会福祉協議会理事会に出席しました。

こんにちは。

田子町社会福祉協議会の理事会に出席しました。



理事10名全員が出席して開催された理事会、

主な議案は、定款の変更です。


とても重要な案件ばかりでした、

事務局長にはご苦労様でした。

これまでと違い、評議員がとても重要になります。



背景には、社会福祉法人制度改革について、

社会福祉法等の一部が改正されます。



社会福祉法人の、公益性・非営利性を確保する観点から制度を見直し、

国民に対する説明責任を果たし、地域社会に貢献する法人の在り方を徹底する。

という内容です。





ちょっと難しいところです、


問題となっていた、

社会福祉法人における不適切な会計処理

社会福祉法人における留保財産

社会福祉法人の非営利性・公益性など透明性にあるという。





町の地域福祉にとって

社会福祉法人の果たす役割はとても大きい。




将来に向けての

理念とビジョンを明確に!




明るい未来を担う「社会福祉法人」の存在は大きい。
































2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31