田子町自治会連合会の最近のブログ記事

自治会連合会の研修会

2月15日(木)八戸シーガルビューホテルにて、

田子町自治会連合会のコミニュテイ研修会が開催された。


思いがけず当日朝は、除雪作業を行ってからのことでしたので

遅刻しないよう、ちょっと大変でした。


いつもながら、

会長として、あいさつは上手くいくように願いつつ。


300215 (4a).jpg


今年度の新たな取り組みをお話しし、

これまでの自治会とこれからの自治会は、

大きな潮流の変化に挑んでいかなければと・・・。


これからの自治会は、高齢者世帯の増加により

助け合い・支え合い、見守りなど大きな転換期を迎えています。

一方で、災害の大型・激甚化に備えて防災・減災の取り組みが急務、

防災と福祉は両輪のごとく取り組んでいかなければなりません。




自治会連合会で実施したアンケートの中で、

自治会連合会が行ってほしいこと。

1.良い取り組み事例を紹介して欲しい。

2.活動の助言・指導を行ってほしい。

3.交流会・親睦会をおこなってほしい。

このことから今回初めて企画した、

優良活動団体の表彰と、優良活動団体の事例発表を行いました。


300215 (6).JPG



まず最初に、優良活動団体表彰における

表彰事由を私が審査委員会を代表して報告しました。



今回表彰したのは3団体です。

そして、各優良活動団体の代表者から活動内容を発表して頂きました。


300215 (9).JPG


両隣の自治会が、それぞれに自主防災会を立ち上げて

その後の活動は、合同で防災訓練を行っている。

再生資源ゴミの施設はそれぞれに行うが、

集団回収活動は合同で実施する。


地域の90代の高齢者から幼児・子どもまで

全世帯家族全員で一堂に会して集まり、

話し合い、助け合いの交流を続けている。


昔からの夜回り活動を継続して行っている。

地域の世代間交流活動「ふれあい縁日」を

お盆の16日に実施し帰省した人達の歓迎と旧交をあたためている。






DSC_4157.JPG


とても記載しきれない多くの活動がそこにあります。




自分さえ良ければ良い、隣近所のことは関係ない知らない。と、

このような時代に育った世代が多い中、一人暮らしの高齢者世帯が増加しています。

今後ますますこの傾向は増加していくことでしょう。




昭和30年代の頃は、貧しいながらも笑顔と

助け合いの心がそこにありました。





これから地域の力が求められます。

地域自治会の機能が重要になりますが、

そこにはしっかりとした政策が肝心です。






地域をまとめるリーダーの育成が肝心です。

そのために、私も早く

次のリーダーにバトンタッチしたいと思っています。






















自治会連合会のコミュニティ研修会

6月9日(金)14時30分より17時まで、田子町中央公民館にて、

田子町自治会連合会のコミュニティ研修会が開催された。


この日は、各自治会の会長及び事務局が対象に行われた。


研修内容は、①美しい町づくりの推進について

②各種助成金等の申請手続きについて

③骨密度測定体験

④地域介護予防活動支援事業について

⑤ワーキンググループ「テーマ:地域の見守り活動」についてでしたが、



私は、いつもながら会長あいさつでは苦労している。

講演とはやはり違う。




IMG_1853.JPG


研修会は、一方的な説明にならないように、

多くの質問・意見があれば良いのですが、

少し、堅かった感がありました。


前半終了して、ラジオ体操を行いました。

公民館の指導者によるものでしたが、

意外と好評でした。(*^▽^*)



ワーキンググループは、見守りがテーマでした。

地域の見守り。災害時の安否確認・・・。

「ふだんの見まもり・いざというときの見まもり」




IMG_1864.JPG





普段の見守りでは、町の配布日やクリーンアップ時のとき、

地域の民生委員と協力している事例。

ふれあいサロン活動の活発な事例・・・など、

意見を集約して発表して頂きました。




IMG_1867.JPG




最後は、私から、「まとめ」と言うことでしたが、


災害時の安否確認に備えては、自主防災会の結成が急がれます。

自主防災会の避難訓練にて「高齢者の安否確認」など、醸成していくことが重要です。



また、日頃からの民生委員児童委員との連携も重要です。

先ずは、月1回のふれあいサロン活動の充実です。

ほとんどは、開催がない。年1回の開催・・・など、

各自治会の現状は、活動ができていないところが多い??



前回のワーキンググループは成功しましたが、

今回のワーキンググループは・・・。

ほとんど話し合いが進まないグループがありました。

経験を積んだ方がいても、やはり人選。

反省ですね。



今度ですが、

町の総合計画「人が輝き 地域が輝く 活力と笑顔あふれるまち」

自治会組織の活性化とリーダー・人材育成が目標です。

役員会等で話しながら、一歩づつ歩んでいきたい。


とりあえず、

私は、民生委員児童委員協議会の一員でもありますので、

これから、自治会連合会と民生委員児童委員協議会との

連携についての話し合いも提案して参ります。






















田子町自治会連合会の研修会

1月28日(土)八戸市において

田子町自治会連合会の研修会が開催されました。


いつもながら、あいさつではうまく話せるか不安でいっぱいです。(;.;)



renngou (4).JPG


田子町48の地区自治会(町内)会長が一堂に会して、

地域介護予防、健康寿命延命、赤十字奉仕団旗、自治会長のアンケート結果、

ワーキンググループ会議など盛りだくさんの内容でした。


290128 (5).JPG


研修会の内容は、自治会連合会の重点事項である、地域防災・福祉・環境・健康を目的としております。



中でも、これから自治会をより所として、

高齢者の生きがい活動支援や高齢者の交流機会として期待される活動を紹介。


renngou (8).JPG


そして、健康の町たっこを目指して、

保健師さんの呼びかけ。

もちろん自治会による健康教室の開催が狙いです。

これまでの、生活習慣を改めること、

地域の活動として取り組んでほしい。

そう願っています。





290128 (3).JPG


そして、赤十字奉仕団の見える化です。


赤十字奉仕団・自主防災会・災害対策本部の旗を新しくつくりました。

赤十字奉仕団活動の見える化を目指しています。


自主防災会の結成された自治会に寄贈しました。



renngou (16).JPG




今回の研修会は、これまでの研修会とは違い、

特に、私の希望で内容を盛り込みましたが、

内心とても心配でした。



特に、ワーキンググループ会議を試みました。

不安でしたが、結果、心配されたことはなく、

とても良い手応えを感じました。



みなさんから多くの意見が出されました。

これからの活動に活かして行きたいと思います。






土曜日にも関わらず、

町職員の課長はじめ、関係課のリーダー、保健師さん

社会福祉協議の職員の方々には、とても感謝しています。

ありがとうございました。

























新年を祝う会に出席しました。

こんにちは。


8日(日)田子町石亀地区自治会の新年を祝う会が開催されました。


田子町長と自治会連合会長が来賓ということで、

私も出席させて頂きました。

2017年ご家族が健康で無病息災を願ってのご祈祷が厳かに行われました。


isigame (4).JPG


その後、石亀神楽の奉納演舞が行われました。


isigame (1).JPG

長年途絶えていた石亀神楽が昨年復活しました。

親子2代のお姿も、



isigame (3).JPG


自治会連合会会長として各自治会にご案内を頂きますが、

その地域、地域によって活動内容が違います。





ここ石亀地区自治会では、隣接の自治会にも呼びかけての開催です。

糸魚川の大火に学ぶ、初期消火の重要性。

これから合同で自主防災訓練の実施に発展すると良い。





何より、「ここに住んで良かった」と言われるように、

地域の助け合い、支え合い、絆が自治会の原点だ、


自治会が地域のよりどころとなれるよう

町内自治会のトップランナーとして期待しております。




会場では、3歳のお孫さんがにこやかに、

自治会長の親子3代のお目見えがとても嬉しく印象的でした。


























自治会連合会運営の研修会にて

こんにちは。


県内某市の町内会連絡協議会の方々35名程が来町しました。

自治会連合会運営に関する研修とガーリックステーキごはん。


私が役場第一会議室にて、約1時間程対応させて頂きました。

と言っても、私は、新人の自治会連合会会長です。お役に立ったかどうかとても不安です。

misawa.JPG

研修会の目的は、町内会員の減少が止まらず対策が課題となっているとのことですが、

説明の後、みなさんの活発な意見が飛び交ってとても良かったです。(*^o^*)


misawa0.JPG


研修会では、自主防災会の結成と見守り活動のこと、再生資源ゴミの集団回収のことや健康づくりのことなどお話しさせて頂きました。


特にこれからは、災害時における地域の助け合いがとても重要です。ここに住んで良かった!という声が聞こえてくるような地域をめざしたいですね。


何より、多くの方々が当町に訪れてくれることはとても嬉しいです。




















2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28