赤十字奉仕団活動の最近のブログ記事

青森県赤十字大会に秋篠宮紀子さまご臨席

こんにちは。(*^▽^*)


一昨日のことですが、青森市のリンクステーションホール青森で開催された、

日本赤十字社青森県支部創立130周年記念「青森県赤十字大会」に出席いたしました。



田子町赤十字奉仕団は、社長感謝状を頂けるということで

私は、代表して前列の方の受賞席に座らせて頂きました。

一緒に同行した、副委員長ほか役員と事務局の役場職員は後方の席でした。


本大会に、日本赤十字社名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さまのご臨席ということで、

壇上に近い受賞席の私は、緊張と驚きと嬉しさの一時でした。

一緒に同行した皆さんは、後方の席のため顔がほとんど見えなかった。(;.;)と、嘆いていました。


おことば では、日本赤十字社名誉副総裁の秋篠宮妃殿下のお声は、

穏やかな、やさしいお声でした。

「より一層充実した活動を進められ、赤十字運動の輪が広がっていくことを願ってやまない」と述べられました。



大会では、日本赤十字活動に多大に貢献された、

有功章御授与

社長感謝状贈呈が行われました。

私たち、田子町赤十字奉仕団は、社長感謝状が贈呈。



体験発表では、十和田市赤十字奉仕団委員長 福村トクエさん

五所川原商業高等学校青少年赤十字メンバー 笹森風化さんが心をこめて発表されました。



第2部のアトラクションでは、

コンサート「愛をつないで」

シンガーソングライター の 桜田マコトさん

特に、高校生の娘さんと手を繋いで熱唱され、皆さん感動でした。




壇上には、手製の古い赤十字の旗が飾られていました。

この赤十字の旗は、とても凄い秘話があります。


mikami.JPG




日本赤十字社青森県支部は、1887年(明治20年)に設置されました。

1904年(明治37年)日露戦争に救護班を派遣

1905年(明治38年)青森県佐井村出身の医師、三上剛太郎氏が、

満州黒溝台の仮包帯所で手製の赤十字旗によりロシア兵1名を含む70余名の命を救う。

後に手製の赤十字旗は日本赤十字社青森県支部に寄贈されました。(昭和38年)


この戦陣の粗末な赤十字旗は、

のちにスイスやイタリアの国際博覧館の展示され、

内外に多大な感動を与えられたという。

現在は、日本赤十字社青森県支部に展示されていますが、この日

青森県赤十字大会の壇上に、一際輝いていた偉大な功績者の旗でした。




日本赤十字社は、

140年前の西南戦争で、

両軍の救護をきっかけにはじまった赤十字運動を。

これからも、つづける。

人を救うことを。


救うことを、つづける。

・・・日本赤十字社しおりより。



近年、大災害が多く発生しておりますが、

地域の防災・減災意識、災害支援・赤十字の博愛精神・・・

地域に根ざした福祉活動・・・など

今日の大会をこれからの活動に活かしていきたいですね。(*^▽^*)




会場は、秋篠宮妃殿下ご臨席ということで撮影禁止でしたが、

記念に1枚(*^O^*)




IMG_4310.JPG


























赤十字奉仕団委員長会議

こんんちは(*^o^*)


先週ですが、

赤十字奉仕団三戸地区の委員長・事務担当者会議に出席しました。



赤十字奉仕団は、赤十字の使命とする人道・博愛のもと

戦後まもなく全国各地に結成されました。


これまでの経験と知識を活かし、赤十字ボランティアの理念である

「人間のいのちと健康、尊厳を守る」という赤十字精神にたち

「信頼され、期待される赤十字奉仕団」の推進をめざしている。



活動のテーマは、「共に生きる喜びを分かち合う赤十字奉仕団活動」とし、


サブテーマは、「地域と連携し防災・減災を推進しよう」である。





IMG_3249.JPG



残念ながら、今年度に解団した地区がありますが、

質問すると、要因は婦人会だけの組織という。




これからの活動で痛感することは、

平成30年度の赤十字奉仕団活動重点施策の中で、

※地域との連携と協働、他ボランティア団体や奉仕団相互、

青少年(こども)赤十字等との交流に努める。が、あります。


私は今後、地域自治会と民生委員協議会、

そして、社会福祉協議会などと連携していくことが肝要と思われます。





300524 (6).JPG



私たち自治会連合会では、

自主防災会が結成された自治会には

赤十字奉仕団の旗を贈呈しています。







各地域において、

赤十字奉仕団の意識が高まって欲しい

そう願っています。


































赤十字奉仕団のこと

こんにちは(*^o^*)


田子町役場第一会議室にて、

田子町赤十字奉仕団委員会が開催されました。



私から、県下赤十字奉仕団委員長会議のこと

少し、ご報告のあと、


これからの活動について

日本赤十字社青森県支部創立130周年記念

青森県赤十字大会の参加など話し合いました。



自治会連合会の総会では、

自主防災会結成した防災会に、

災害対策本部の旗を贈呈し

赤十字奉仕団の見える化を目指しているところです。



300524 (3).JPG





何分、予算のない団体なので

事務局の苦労も大変です。(*^O^*)




これからの活動に頑張って参ります。






















赤十字奉仕団の活動研修会

11月9日(木)おいらせ町みなくる館で開催された、

平成29年度三戸地区赤十字奉仕団活動研究会に出席しました。


DSC_3693[1].JPG

この研究会は、2カ年毎に各町村持ち回りで開催されているようです。


おいらせ町の赤十字奉仕団のみなさんの、

温かいお出迎えと"おもてなし"には、とても感動しました。


おいらせ町の町長さん

社会福祉協議会の会長さんの

心温まるご挨拶にも、心打たれました。


私は、委員長経験が少ないのですが、

おいらせ町みなさん町挙げての対応に驚くばかり。



DSC_3695[1].JPG


活動テーマは、

「共に生きる喜びを分かちあう赤十字奉仕団活動」とし、

~赤十字の活動を地域に広めよう~です。



ご講話があり、

体験発表があり、

学習会がりました。



やはり、災害を体験している方々の発言には心打たれます。


震災の時、朝の3時から炊き出しを行ったが、

電話不通により連絡がとれない。

しかし、誰ともなく集まってきて炊き出しを行ったこと・・・。

"イザという時の助け合い"

特に、普段から「両隣6件」のおつきあいが大事とのことでした。


また、

赤十字奉仕団員の災害・救護・防災のための日頃の訓練が重要です。



私は、赤十字奉仕団の委員長の立場と

自治会連合会の会長の立場にありますが、

町内、自主防災会の結成が喫緊の課題です。




私達の町では、これまで災害が少ないので、

災害の危機意識が低いことから結成が進んでいない現状にありますが、

「災害は必ず来る」という、危機意識をもって、

「自主防災会の結成」と防災訓練の実施を呼びかけて行きたい。























赤十字奉仕団委員長・事務局会議に出席

7月26日(水)八戸市・きざん八戸にて、

三八地区赤十字奉仕団委員長・事務担当者会議が開催された。




sekijyuu.jpg


私は、田子町の赤十字奉仕団委員長として出席しましたが、

各参加委員長の中では、2年目の新人と思われます。




DSC_2822.JPG



平成29年度赤十字奉仕団育成強化方針と事業計画について

日本赤十字青森県支部の担当者が説明されました。


これによると、厳しい現況がありますが、

大規模な災害が多発している支援には赤十字の支援が欠かせません。





意見交換会では、私達田子町の取り組んでいる

赤十字奉仕団・災害対策本部の旗がとても良いので

参考にしてつくりたい。という地区もあり嬉しくなりました。




今後、各地域での自主防災会結成を推進し、

赤十字奉仕団の意識を高め、

防災訓練にて減災に取り組んで行きたい。






















2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30