地域防災活動の最近のブログ記事

地域の防災訓練を行いました。

にんにくの町「青森県田子町」から、こんにちは。


私たちの地域では、生活館にて「自主防災訓練」を行いました。

災害は必ず起こる。こと想定して、常に訓練を怠らず取り組んで生きましょう。と挨拶しました。


先ずは、避難訓練です。各班では旗を持参して「上ノ平生活館」に避難しました。


IMG_1526.JPG


今回のテーマは、班長たちリーダーの育成と高齢者等要支援者の安否確認でしたが、消火班、避難誘導班、救護班、炊き出し班など、それぞれの班長・副班長がよく動いていました。



防災資機材保管庫より、本部テントの設営、発電機を出して運転、けが人搬出用のリヤカーなど設置・点検です。


災害対策本部では、避難者の受付を行います。さらに、高齢者など要支援者の把握に努めることとなっていましたが、ここは反省です。



DSC_1702.JPG

高齢者から子どもまで防災意識を高めたいと思っています。


IMG_1546.JPG


消化器による消火訓練から、消化栓ホースによる消火訓練を行いました。


DSC_1723.JPG


簡易担架の作り方、簡易担架による運搬とか、止血方法や買い物袋を活用した腕のつりかたなど・・・。


IMG_1569.JPG


心臓マッサージの実践やAEDの使用法など行いました。



IMG_1591.JPG


グリーンにベストは、西舘野自主防災会のユニフォームです。役員・班長はこれを着用してリーダー意識を高めています。


DSC_1756.JPG


炊き出し班では、せんべい汁とカレーを作って訓練しました。


DSC_1755.JPG



この、災害対策本部&西舘野自主防災会の旗は出来たてです。

日本赤十字奉仕団の自治会連合会分団でもあり、赤十字奉仕団活動の意識の高揚を図りたいと思っています。


DSC_1698.JPG



最後に、指導して頂いた消防署の方より、注意点、指摘事項など講評を頂きました。すると、各班が意識して訓練していること、とても良い。と高い評価を頂きました。


私は、まだまだ課題は多いのですが、「参加者が多いと訓練は成功」ということから、今後より多くの参加を呼びかけて、地域の助け合い、つながりを築いていきましょう。と、


また、これからの自主防災訓練では、「赤十字奉仕団」の見える化の活動を拓いて行きましょう!と、呼びかけました。



うちの奥さんは、昨日から「再生資源ゴミの整理と」炊き出しの買い物と、今朝は早くから炊き出しの準備にご苦労様でした。

感謝です。


































自主防災資機材保管庫を設置しました。

~にんにくを超えた 琥珀のちから~


にんにくの町「青森県田子町」から、こんにちは。



私たちの自治会(自主防災会)では、自主防災資機材を保管する保管庫を設置しました。

これは、町の協働のまちづくり補助金によるものです。



hokannko.JPG


これまで、発電機やテントなど自主防災資機材は生活館に保管していましたが、

今回、町の補助金によって自治会で導入を行ったものです。


hkannko1.JPG




地域における自主防災活動は決して簡単なことではありません。が、

地域の「自主防災意識」の高揚と地域の「助け合い」の醸成にむけて、子どもから高齢者まで普及を図って行きたい。

見えるように、保管庫の扉に、防災看板・シールなど準備したいと思います。


hokannko2.JPG



私は今、自治会長と自主防災会会長を兼ねておりますが、

早く次世代を担える人材育成が急務と思っています。




今週末まで、役員会・幹部会議を開催したい。

いま、その準備だ! よっし! (*^o^*)


























地域の見守りサポーターの研修会を行いました。

~にんにくを超えた 琥珀のちから~

にんにくの町「青森県田子町」から、こんにちは。



私が会長を務めております「西舘野自治会」では、


11月15日(日)に、町の研修バスを利用して、十和田湖畔の賑山亭にて、地域の見守りサポーターの研修会を行いました。


参加された方々は、自治会役員、自主防災会役員、それに見守りサポーター、それぞれ地域のリーダーです。


basu.JPG


この日は、地域のおける防災・見守りの取り組みについて

田子町健康増進課グループリーダー及び田子町社会福祉協議会次長の講話を頂きました。


そして私は、地域の見守り体制についてお話をしました。


高齢者除雪支援などなど、課題は多いです。


電気の点灯、消灯が行われていない・・・! 

新聞や郵便物が溜まっている。

様子が変だ・・・?? もしかして。




11.15aisatu.JPG



私たちの西舘野地域では、一人暮らしの高齢者など要支援者は、現在28名です。もちろん当然ですが、年々増加の傾向にあります。


会長の私から、その方々を見守るために、隣近所の人たちに「見守りサポーター」としてお願いしている方々は19名です。



地域において、お互いが助け合い、支え合い、心が通う地域をめざしていますが、

このような取り組みは、私たちが初めてです。前例がありません。




みんなが、ここに住んで良かった。が聞こえるように、


みんなが共通認識の元、情報を共有して一歩づつ行動していきたい。






先ずは、少しずつでも、研修をしつつ意識改革を図っていきたいと思います。
























町自治会(町内会)連合会の研修会(*^o^*)

~にんにくを超えた 琥珀のちから~

にんにくの町「青森県田子町」から、こんにちは。



私の町では、町内に48の自治会(町内会)があります。

11月5日(木) 町公民館ホールにて、会長さん方々が一堂に会して研修会を開催しました。


私は、町自治会連合会の会長として挨拶。

自治会連合会のコミュニティ研修会の主題は、自主防災会の結成に向けた取り組み方です。



IMG_0320.JPG



これまでの自治会とこれからの自治会は大きな潮流の変化があります。

先ずは、自然災害の猛威と被害が甚大だということ。集中豪雨、大洪水、強風、突風、竜巻、地震など、全国的にこれまで経験したことがない大きな災害に見舞われています。

それに、地域の高齢化現象の加速です。高齢化率は年々増加し、この間25~26%程度と思われましたが、現況約36%くらい。あと10年後では概ね47%が予想されます。




記憶に新しいところでは、昨年11月に発生した長野県白馬村の震度5強の地震被害です。ここでは、地域住民の防災体制、防災意識の高いことが注目されました。

少し前では、阪神淡路大震災の時、「助かった人たちの約8割の方々は、地域の人たちの助け合いによって救助されたと言われます。



私たちの住むは、災害に対する危機意識が低いと言われますが、だからこそ今、悲観的な状況を想定して、次世代に防災の礎を築いて行くことが肝要です。

そこで本日の研修会は、そのような疑問を解消し、これならできる。と思えるところまで、より具体的に方法手順を示すこととしております。など紹介して、早期に全地区での自主防災会結成を呼びかけました。まだまだ、新米の会長ですが、ごあいさつ。


 

IMG_0326.JPG


講師は、三戸消防署田子分署の千葉隊長さん、そして町総務課グループリーダーの高岸さん

これまで自主防災会を結成した、会長さん方々からもアドバイスを頂きました。





IMG_0328.JPG


自治会連合会の活動計画では、①自主防災会の結成。②高齢者の見守りネットワーク。③再生資源ゴミの集団回収。④健康づくり。を重点活動としています。

 

私は、防災と福祉は両輪のごとく進めることが肝心。行政は縦割りでこのようには行きませんが、高齢者の声かけ、見守り安否確認も防災訓練に活かして頂きたいと思っています。


町の総合訓練では、赤十字奉仕団婦人部の方々が炊き出し訓練を行いました。自治会連合会も赤十字奉仕団の分団です。これから各自主防災会の炊き出し訓練など活動実績として捉えたいと思います。


今後、ボランティアセンターの設置機能など各組織が連携した取り組み訓練が課題と思っています。






自主防災会の結成によって、防災資機材の導入補助や消化栓用ホースの更新などでは、町補助のほかに自主防災会結成によってさらに自治会連合会から助成金があり、とても有利です。

このことなどなど情報提供しながら、有意義な研修を終えることができました。




私は、あいさつなどちょっと心配していましたが、

終わって、ほっとしました。(*^o^*)









 
























自主防災訓練を行いました。

にんにくの町「青森県田子町」から、こんにちは。

「琥珀にんにく」のかわむらがお届けします。


18日(日)午前9時~私たち西舘野自治会(西舘野自主防災会・いずれも会長は私(かわむら))では、自主防災訓練を行いました。

これまで経験したことがない大規模な自然災害など発生しております。イザ!災害が起きたときに備えて、自主的な防災訓練です。


先ずは、避難訓練から行いました。しっかり受付を行い、避難者や高齢者など安否確認も目的としています。


271018 (8).JPG

 本部テントも準備です。発電機も備えて、


271018 (5).JPG

歩けない高齢者は、リヤカーで運びました。

271018 (11).JPG消火訓練も、


271018 (35).JPG消化栓用ホースのつなぎ方。


271018 (60).JPG

つなぎ口のオス、メス・・・。



271018 (61).JPG

そして、放水訓練。


271018 (64).JPG

会場は室内に移動して、救急救命訓練です。

けが人の運び方。

271018 (79).JPG

背負う方法、ロープを使っての運び方。

骨折した場合。

止血方法などなど、


151018 (32).JPG

私は、みなさんに、防災訓練の必要性を・・・。

そして、イザ!災害の時、高齢者の安易確認ができるように訓練の質を高めていきましょう。と呼びかけました。



271018 (90).JPG

防災資機材の使い方なども行い。



151018 (31).JPG

最後には、炊き出し訓練の「おにぎり」と「豚汁」です。

ここでは、我が家の「キャベツ」「ネギ」「にんじん」「漬け物」など活躍しました。


奥さんは、朝早くから生活館に駆けつけていました。



どうしても若い人たちの参加が少ないこと、悩みです。

これから迎える高齢化に向けて、一人一人の防災意識も蓄積できれば良いです。
























2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30