健康づくり推進協議会に出席しました

こんにちは(*^▽^*)


昨日7月30日、町主催の健康づくり推進協議会に出席しました。


町民の健康づくり対策を推進するため設置された協議会ですが、

健康づくりに関する保健活動の審議企画に関することなど

様々なことが協議されます。




E811130B-B18F-4683-B9B2-C78E79C432FA.jpeg



委員は、保健・医療関係者、教育関係者、地域団体関係者など15名ですが、

今最も関心のある新型コロナウイルス関係も議案にありました。




県民局保健総室長(保健所所長)も委員として出席されまして、

様々な情報・留意事項などご指導アドバイスをいただきましたこと、

とても有意義な会議となりました。





令和2年保健活動計画では、主任保健師さんが

町における健康問題を把握し、活動重点目標を掲げて、

それに伴う、活動内容を事細かく明記し説明していただきました。




各委員からご意見・提言など行うわけですが、

他町村からみると、田子町は様々な施策が行われている。という

保健総室長の発言がありました。




私は、小学校6年生、中学校生が全国の肥満の割合に比べて

かなり高いこと。



若年性生活習慣予防診断において、

異常なしの比率など心配するところがありました。




これはやはり親の世代の生活習慣がかなり問題のあること、

しいては、やすみっこ(おやつ)の習慣~野菜の摂取量の少ないこと、運動量の少ないこと、

などなど・・・そして透析者の増加や、青森県の健康寿命が全国ワーストなど

入り口(児童・生徒)~働く世代~高齢者世代まで健康に対する意識が低いことが

配付資料から浮き彫りになってくる。




私たち、自治会連合会でも重点活動の柱に「健康づくりの推進」を掲げている。

昨年の地域防災・地域福祉の研修会(マップづくり)に、健康づくりも取り入れた


地域包括支援課の職員保健師さんが総動員してくれた。

血管年齢診断や食生活コーナー~診断結果相談コーナーなど対応してくれた。


研修会で体験したこと、

参加自治会が「健康づくり活動」を事業計画に明記してほしいとの狙いがあった。




息の長いことではあるが、

長野県の事例がいつも頭に浮かぶ、

かつて長野県では短命県でした

健康リーダーを育成し修了生が、町の人口の1割という


ある家庭のおばあちゃんとおかあさんが修了生で

今、お嫁さんがリーダーの任を担っているとすると

そこのお家は3人いるので、とても健康意識が高い。



長い年月を要するが、健康づくり計画を樹立して

健康づくり推進大会を開催する。

全町民の意識改革が肝心です。



目的意識を共有し、目標をしっかり見失わないよう

毎年お互いが、讃えあうことが良い。



なにもしていないと恥ずかしい。が、

やった成果が少しづつ現れると嬉しいものだ。

健康づくりは一生のテーマ。



この会議は、生活習慣を変える難しさが

いつも浮き彫りになる。













プロテオグリカン配合 琥珀にんにくカプセル











月別 アーカイブ

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31