お彼岸の中日、お寺で献茶とお茶会(*^▽^*)

23日彼岸のお中日(秋分の日)に、

耕田寺において、お茶会が行われました。


私は、和尚さまよりお誘いを頂いておりましたので、

「耕田寺だより」の撮影も兼ねてお寺に行きました。


初めてtですが、

献茶の儀式が執り行われました。

お茶のお師匠さんより和尚様に献茶です。



290923 (1a).jpg



「茶道の始めは仏さまへのお茶を献じる」


仏さまへのお茶を供えることや、

僧堂の修行僧にお茶を供養することが原点。

それが作法となり発展してきたといわれるようです。





290923 (5).JPG

献茶が行われ

和尚様よりお経を唱えて頂きました。



290923 (15).JPG


今日、お茶たててくださる、

耕田寺護持会の布教委員会の方々。



290923 (10a).jpg



お茶会は、耕田寺護持会の新しい活動計画です。

すでに、耕田寺だよりでお知らせしてありますが、

この日、布教委員会の委員長さん、御詠歌会の方々が、

お茶の先生のご協力を頂いて接遇してくれました。


お茶の作法による、

堅苦しい茶会ではなく、イスに腰かけて

楽しんで頂きたいという試みです。





290923 (17a).jpg



この企画は、お寺に親しんでほしい。

できるだけ多くの方々に楽しんで頂きたいという。



290923 (37a).jpg



今年初めての企画でした。

秋彼岸の中日(秋分の日)に、

お墓参りなどお寺に訪れた方々に、

お気軽に、どうぞ!どうぞ!

と、お勧めしいるのですが、

多くは、戸惑い、遠慮している方々が多かったです。



私は、体験してみて、

最初に頂いた饅頭が、美味しかった。(*^o^*)


お茶を頂いたときは、

一瞬作法はどうだったか??と、

すると、自由にお飲み下さいと言われ安心して、

美味しく、心穏やかに・・・頂きました。(少し大袈裟ですが)


とてもありがたい経験をさせて頂きました。(*^▽^*)



来年の「耕田寺だより」では、

今回の献茶とお茶会のこと掲載して、

多くの方々に知らせたいと思います。




合掌





























プロテオグリカン配合 琥珀にんにくカプセル











2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30