2016年3月アーカイブ

ガーリックステーキごはん誕生!

にんにくの町「青森県田子町」からこんにちは!


にんにくの町「田子町」では、新・ご当地グルメ「田子ガーリックステーキごはん」(略称・ガリステごはん)の完成披露会・試食会が町農業者トレーニングセンターで開かれました。

式典には町内外の関係者約60名が招待、私も自治会連合会会長として出席しました。



griste (8).JPG


「ガーリックステーキごはん」は、株式会社リクルートライフスタイル・じゃらんリサーチセンターエグゼクティブプロデューサー"ヒロ中田さん"が昨年6月~開発を指導された。


青森県では4品目目という。

メイン食材には、もちろん田子町さんの「にんにく」、牛肉、豚肉、鶏肉、そして「お米のゆきこ」(減農薬・減化学肥料栽培)。ニンニクのフルコースランチをコンセプトに、食前酒代わりのニンニク風味「タッコーラ」、メーンは鉄板で焼いたそれぞれの肉を、一口サイズのごはんにに巻いて食べるガーリック肉巻き寿司、最後にガーリックアイスが出てくる。

griste (15).JPG




ニンニク料理、みんなで食べれば臭くない!




griste (20).JPG



とにかく、にんにくにこだわったガーリックステーキごはんだ。

3月29日にデビューとなるが、町内3店舗で食べることができる。

しかも、この料理の「定義」「ルール」がしっかり決まっている。なので、この日は町長と各店舗との調印式が行われた。


griste (25).JPG



青森県4番目の新・OMOTENASHI(おもてなし)ご当地グルメ「田子ガーリックステーキごはん」。

これまで、30回以上の会議協議を重ねての完成だが、「田子ニンニク料理推進協議会」の佐藤剛大会長「勇鮨・店主」が挨拶の中で苦労話を・・・、大変難航したという。



年間の販売目標は7,000食としている。ガーリックステーキごはんの価格は1,350円(税込み)、勇鮨、ガーリックセンター、御食事処なくいの3店舗で販売される。






griste (3).JPG




一足先に試食したが、とっても美味しかったです。特に牛肉とニンニクがもっとほしい。(*^▽^*)




















2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31