2013年8月アーカイブ

地域を巡回!私の相棒。

自治会長として、民生委員として地域を巡回する機会が多いが、歩いてはとても範囲が広くて大変。

でも、車だと対話が出来ない。

地域の方々の意見を聞きながら地域をまわる。

 

そこで、いつも頼りにしている私の相棒はこれだ。

 

 

 

jitensy_600.jpg

 

 

これに、配布物が結構入る。

各班長は17名ですがそれに役員を含めると31名。

配布物は全部持てないので、何度が中継にもどると結構イケル。

難点は、サドルが破けているのでズボンが濡れること。これが格好悪い。

 

当分相棒とのコンビが続くだろう。

 

 

 

 

 

 

 

私が頗る元気なことは、

「プロテオグリカン配合琥珀にんにくカプセル」を飲んでいること。

 

 

 

 

 

 

 

 
















地域貢献活動

町では、町の地域福祉計画、障がい福祉計画及子ども・子育て支援事業計画を整合性ある長期計画策定の運営協議会を設立した。

 

その協議会では、委嘱状交付~組織会で突然!委員長に選任された。(泣)

地域のお役に立ちたい!という思いはありますが、委員長職は身の丈を越える一大事です。

 

 

いま、地域で様々な課題を抱えていますが、それぞれの組織が理念とビジョン明確にして連携し合うことが肝要と思いますが、

地域に貢献したいという熱意と裏腹に、自分に出来るんだろうか??

民生委員、自治会長をはじめ、今お引き受けしている役職は、13職もある。これって役害??

 

 

 

目の前には、大きな壁ばっかりが立ちはだかっているが、この壁を乗り越えようと必死です。

逃げることなく、日々確実に乗り越えたい。

 

 

 

 

 

人は誰でも、いくつもの壁を抱えて日常を過ごしている

 成長するとは、その壁を乗り越えることにある。

 

 

壁を乗り越えるには、高い目標を立てて挑戦する! 

先ず、情熱をもってやってみる。

 

 

仲間の背中を押し、自分も押してもらう。
多少の不安や痛みは、ぐっと耐える。

 

必ず乗り越えるという信念と行動に道は拓ける。筈!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
















琥珀にんにくとは、

 

「琥珀にんにく(登録商標)」とは、青森県八戸農業協同組合が生産する「たっこにんにく(登録商標)」を原料としてかわむら独自の低温熟成方法で製造されるにんにく加工品です。

 

東京大学名誉教授斎藤洋先生(薬学博士)によると「琥珀にんにく」は「S-アリルシステイン」と「シクロアリイン」を抱負に含有しており、{S-アリルシステイン」とはにんにくを加熱処理することによって初めて生成されるアミノ酸で、抗ガン作用、肝障害予防効果、抗酸化作用、血漿板凝集抑制作用、脳循環改善作用などを、「シクロアリイン」はタマネギの薬効成分として有名な成分で循環器系に有効な線溶作用などを有しているとのことです。

 

 

 

 

 

ニンニクの科学[監修齋藤洋]

 

kagaku_600.jpg

 

 

 

 

 saitou_600.jpg

 

 

琥珀にんにくと出会ったことが奇跡でした。(斎藤先生談)

 

 写真は、東京大学名誉教授斎藤洋先生

 

 

 

 

 
















NHK夏期巡回ラジオ体操

夏休み期間中に全国各地を巡回して行われる、「NHKラジオ第一放送前項放送」がにんにくの町「青森県田子町」で開催されました。

 

にんにくの町「青森県田子町」からのラジオ実況放送は実に43年振りという。田子町は、町をあげてラジオ体操に取り組んでいるが、その熱気があるのか、会場には約700名の参加者があったという。

 

 

rajio2_600.jpg

 

 

 

朝4時30分に起きて、いち早く会場に出向くととっても素晴らしいご褒美がありました。(^^)

 

rajio.jpg

 

体操を終わって帰る時、写真をお願いしたら一緒にどうぞ!ととても優しい対応に感激です。(^^)

 

テレビ体操で拝見する、ピアノのお姉さんのスリムなこと綺麗なこと。そして張りのある体操のお兄さん。

 

我が家の家宝になりそうです。(笑)

 

 

5時50分集合でしたが、すでに会場は多くの方々が集まって和やかな雰囲気です。

 

rajio4_600.jpg

 

 

 

人口約6,500人の小さな町の約700名の町民が参加した会場では、お子様連れや孫と一緒のおじいちゃんの姿も。

 

 

rajio3_600.jpg

 

汗びっしょりの体操はとても気持ちが良い朝を迎えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってからも孫との遊びが待っています・・・。(笑)

 

でも、ほとんど疲れ知らず。

 

これが琥珀にんにくパワー!私は、「琥珀にんにくPG配合カプセル」を毎日2~3粒づつ飲んでいますが、とっても凄い。

にんにくを越えた、熟成パワー!この体感がたまらない。

 

 

奇跡の成分、”S-アリルシステイン”が

 

飲むなら、今!でしょう。 (^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
















琥珀にんにくのS-アリルシステインが47倍!

にんにくの特集が「たけしの家庭の医学」で紹介された。

みんなの家庭の医学大発見!名医が認めた病を予防&改善する!?

 

 その主役は、にんにくの「S-アリルシステイン」成分。(^^)

 

にんにくはガンに効果がある!? その主役はにんにくの含まれているS-アリルシステインという。その効果は、S-アリルシステインには、がん細胞などを攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が弱った時に活力を取り戻す働きがあるといわれる凄いパワーがある。

 

番組では、にんにく日本一の青森県十和田市のにんにく生産農家10名のご協力による大腸検査が行われた。

毎日にんにくを食べる「にんにく生産農家」は、大腸がんの発生はない。また、大腸ポリープも2個の発生で、平均10個に対して頗る少ない。大腸がんには効果があるのだと思う。

 

「琥珀にんにく」は、S-アリルシステイン高含有にこだわった当社が独自に開発した商品名だ。(真似をしている商品もあるが・・・)

S-アリルシステインは「琥珀にんにく」が最高峰の含有量を誇る。

生ニンニクと比較すると「琥珀にんにくパウダー」は約47倍の驚く含有量を誇る。また、同一条件にて換算すると約20倍という驚異の成分含有量である。

 

 

 

人とにんにくのつきあいは約6,000年という説もあるが、6,000年の時空を越えて現れた、S-アリルシステイン成分を伝えていきたい。

 

S-アリルシステインが約20倍の「琥珀にんにく」が、これから注目されてほしい。

 

通常にんにくに比べて、琥珀にんにくパウダーは約47倍の凄い優れものなんです。

 

 

 

 

ニンニクの科学を監修された東京大学名誉教授斎藤洋氏は、S-アリルシステインの権威。

 

琥珀にんにくを高く評価しています。

 

 

 

kagaku_600.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
















青森ねぶた祭りに感動!

 

北国の火の祭り「青森ねぶた祭り」に行ってきた。

 

豪荘無比のねぶた囃子や「ラッセラー、ラッセラー」のかけ声がやさしく力強い。

 

腹に「ずっしーん」と響く感動が最高だ。

 

 

 

nebuta6_600.jpg

 

 

 

 

nebuta_600.jpg

 

 

 

nebuta3_600.jpg

 

 

 

 

 

 

nebura4_600.jpg

 

 

ねぶた祭りは、大太鼓が圧巻だ!

 

nebuta8_600.jpg

 

 

 

 

nebuta7_600.jpg

 

 

 

 

 

 

nebuta2_600.jpg

 

 

 

心配された雨もねぶた祭りの熱気に押されたよう。

 

 

 

 

 

 

 

 
















2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30