昭和48年 東京青果へ初出荷

りんごの片隅での作業

 当時「にんにく」は、りんご冷蔵庫の片隅で作業をしていました。

 

 出荷先は、りんごの取引市場である、

 

  • 千葉東葛青果
  • 横浜金港青果
  • 千住青果

 

 が主でした。

 農協全体の取扱高で見れば、にんにくは種子販売額が全体を占めており、市場に出回る量が少なかったのです。

 (にんにくとの出会い!参照)

 

 それが、突然市場に出回る数量が増大したことから、新たな販売の道を拓かなければなりません。

 今までの販売方法では通用しませんでした。

 

 そこに、にんにく担当と言う白羽の矢が立ったのですから、チャンス到来です!

 

 東京青果で日本一になりたい!

 

 いう封印していた夢の実現が突如として現れました。

 

 りんごがにんにくに変わっただけだ、とにかく自分の意志で東京青果に出荷したい。

 新しい販売の道を歩むことにしました。

 

 東京青果へのルートは、経済連を経由してスタートしました。

 それ以前は、りんご同様の個選出荷でした。

 個人個人の屋号が目印なのです。

 ですので、個人個人の市場での売値が違います。

 

 しかし、このような出荷形態では対応できないことから、

「個選出荷から共選出荷へ」

 の歴史的な第一歩を踏み出すことになります。

 

 運命的な人との出会いもありました。

 東京青果の担当者笹田寛明氏との出会いがそれでした。

 また、経済連手塚氏との出会いもありました。

 

 そして昭和48年、初めて東京青果に出荷を始めました。

 ここでやっと、「夢の実現に向かって」一歩道を拓きました。

 

>>続く



にんにく日本一の軌跡一覧



プロテオグリカン配合 琥珀にんにくカプセル











2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31