昭和48年 品種の統一を決断&厳しい系統選抜

品種の統一を決断&厳しい系統選抜

 にんにく生産部会が結成されて大きな決断をした。

  それは、品種の統一と系統選抜である。

 

 にんにくの品種はホワイト種とピンク種が栽培され、

 ホワイト種でも福地ホワイト種と岩木ホワイトなど栽培された。

 

 そこで、

 

  •  病気に強くて栽培し易いピンク種を残すか、
  •  品質は良いが病気に弱そうなホワイト種に統一するか

 

 が議論された。

 

 生産者の中には、どうしてもピンク種を残されないのか?などの要望もあったが、

 将来的に品質を最優先した決断であった。

 

 

徹底した系統選抜

 福地ホワイト種の種子用向けを徹底して系統選抜した。

 

 まだ、新米職員でしたが、当時りんご冷蔵庫の下屋で、

 故田川正にんにく生産部会副部会長が中心となって、生産者が運んでくる種子向けの出荷品を厳しく検査した。

 

 種子用向けは高価格で手取りが多いので、誰でも種子用向けとして販売したいのです。

 出荷した生産者一人一人に、

 

 「お前の種は・・・こうだから種として残されない、全部市場に出せ!」

 「この種は良い。」

 

 と、徹底して厳選した。

 今では想像かつかないほどの厳しい対応だ。

 

 だから、 田子には良い種だけが揃って栽培されることになる。

 これが後に、にんにく戦国時代を勝ち抜き、全国の市場から

 「田子のにんにくは違う!」

 と、言わしめた礎である。

 

 生産活動と教育活動の理念とビジョン

 しっかり確実に動き始めた。

 

>>続く



にんにく日本一の軌跡一覧



プロテオグリカン配合 琥珀にんにくカプセル











2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31