田子町社会福祉大会に出席しました。

11月14日(火)田子町中央公民館にて、

第51回田子町社会福祉大会が開催された。


DSC_3711.JPG


私は、社会福祉協議会の理事として出席しました。

"みんなでつくる心のかようやさしい福祉のまちをめざして"をスローガンに掲げて

大会式典が執りおこなわれました。



記念講演は、「笑って!学んで!認知症を理解しよう~

認知症の症状とその対応」

講師は、十和田市立中央病院

    メンタルヘルス科診療部長 竹内淳子氏

寸劇 「姑VS嫁  ~絶対おまえが盗ったんだ!!」

   じゅんこちゃん一座のみなさん



itiza.jpg


笑いあり、感動あり・・・。とても楽しい講演でした。




嬉しいことに、私達の「にしたてのふれあいサロン」に感謝状が贈呈された。



毎年、にしたてのふれあいサロンでは手づくりの作品を展示即売し、

その収益金を社会福祉協議会に寄付してきた功績による。



DSC_3702.JPG


今年も、このように出展しました。


DSC_3700.JPG


初代、代表の森榮子さん(写真右)

そして、現代表の上斗米正代さん(写真左)


DSC_3721.JPG

そうそう、いつも裏方で頑張っているうちの奥さんも(笑´∀`)

ご苦労様です。


DSC_3723.JPG



少し、時間が少なかったですが、

田子町食生活改善推進員会のみなさんの取り組み

そして、県の方が、ゴミ減量化とリサイクルに取り組もう。

スライドで呼びかけしてくれました。

青森県は、1人1日当たりのゴミ排出量は

全国43位\(◎o◎)/!という。

とても恥ずかしい実態の驚きです。

少ない時間に関わらず、説明の内容がとても良かったです。



私達の自治会で取り組んでいる事もあり、興味深かったです。

今度、機会があれば、じっくり企画したいと思います。























パンジーは冬越しが良い(*^▽^*)

我が家の玄関では、

「パンジー」がお出迎え。(*^▽^*)


291112 (1).JPG

奥さんが、パンジーを

セッセと植え替えしました。



ちょっと昔、

奥さんがパンジー苗生産のプロ(笑´∀`)でした。


パンジーは、

今の時期「花」楽しませてくれる。


そして、厳しい冬を迎え、

雪の下で越冬します。



春には、再び

沢山の花を楽しませてくれます。




とても、可憐な

元気いっぱいのパンジー。



パンジー全般の花言葉は、

「もの思い」「私を思って」

 

 
パンジーとビオラ


パンジーは、三色スミレという別名もあります。

また、パンジーより小さいビオラがありますが、

ビオラの花言葉は、「誠実」「信頼」「忠実」「少女の恋」



花の色によっても花言葉があるようですが、



黄色のパンジー

「つつましい幸せ」「田園の喜び」


紫のパンジー

「思慮深い」


・・・など、




ちょっと昔、パンジー苗を育てていた頃、


「私が、早朝ハウスに散水に行くと、

パンジーが一斉に私を見て、

笑顔で声をかけてきた。」と、奥さん言う(*^▽^*)





























東京支店のお知らせ

この度、田子かわむらアグリサービス東京支店が開設しました。


地域ブランド「たっこにんにく」の更なるブランド力アップをめざし、

低温熟成によって、「S-アリルシステイン」が増強した、

「「琥珀にんにく」をより多くのお客様に喜んで頂けるよう

田子かわむらアグリサービス東京支店をご利用下さい。




息子夫婦が

"地域と一緒に"

不動産売却、賃貸、運用を行っている会社です。

株式会社 南柏リビング


お電話は、04-7197-4529です。



どうぞお気軽に

ご愛用の程お願い申し上げます。

 

















クロネコWEBコレクトでの接続方式が変わるもので、

お客様自身にブラウザの設定をしていただく必要があります


「詳しくはこちらをご確認ください。

 https://www.yamatofinancial.jp/member/browser_check.html
















赤十字奉仕団の活動研修会

11月9日(木)おいらせ町みなくる館で開催された、

平成29年度三戸地区赤十字奉仕団活動研究会に出席しました。


DSC_3693[1].JPG

この研究会は、2カ年毎に各町村持ち回りで開催されているようです。


おいらせ町の赤十字奉仕団のみなさんの、

温かいお出迎えと"おもてなし"には、とても感動しました。


おいらせ町の町長さん

社会福祉協議会の会長さんの

心温まるご挨拶にも、心打たれました。


私は、委員長経験が少ないのですが、

おいらせ町みなさん町挙げての対応に驚くばかり。



DSC_3695[1].JPG


活動テーマは、

「共に生きる喜びを分かちあう赤十字奉仕団活動」とし、

~赤十字の活動を地域に広めよう~です。



ご講話があり、

体験発表があり、

学習会がりました。



やはり、災害を体験している方々の発言には心打たれます。


震災の時、朝の3時から炊き出しを行ったが、

電話不通により連絡がとれない。

しかし、誰ともなく集まってきて炊き出しを行ったこと・・・。

"イザという時の助け合い"

特に、普段から「両隣6件」のおつきあいが大事とのことでした。


また、

赤十字奉仕団員の災害・救護・防災のための日頃の訓練が重要です。



私は、赤十字奉仕団の委員長の立場と

自治会連合会の会長の立場にありますが、

町内、自主防災会の結成が喫緊の課題です。




私達の町では、これまで災害が少ないので、

災害の危機意識が低いことから結成が進んでいない現状にありますが、

「災害は必ず来る」という、危機意識をもって、

「自主防災会の結成」と防災訓練の実施を呼びかけて行きたい。























プロテオグリカン配合 琥珀にんにくカプセル

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30